7月カレンダー・伝統色と伝統柄

  • 2017年07月1日

7月 「文月」

7月の伝統色は「薄藤(うすふじ)」
薄い藤色で、江戸時代には女性の着物の色として人気でした。
印刷では、特色DI C−N903、4色掛け合わせC9+M15+Y0+K0

7月の伝統柄は「青海波 (せいがいは)」

海の大きな波模様を魚のウロコのように山形に連続させた模様で
小紋の代表的な柄として有名です。

image1707-2