4月カレンダー・伝統色と伝統柄

  • 2017年04月4日

4月「卯月」

4月の伝統色は「幹色(みき いろ)」平安時代の配色、織色の名で、樹の幹の色から
生まれました。
印刷では、特色 DIC-N767、4色掛け合わせ C17+M45+Y64+k0)

4月の伝統柄は「市松花菱(いちまつはなびし)」

古代より織模様として存在し、江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が愛用したことから
その名が付きました。

トーコロプラス「いろをたのしむカレンダー2017」
にほんの伝統色を伝統柄でまとめた好評のカレンダー、本年も発売中です。

IMG_0506