江戸紋様と日本の伝統色

  • 2016年06月14日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のエンブレム。
江戸文様のひとつ「市松模様」がベースとなったデザインで決定しましたね。
「組市松紋」と伝統色「藍」の組み合わせ。
これは、トーコロのエコ活動の一環として行っている在庫紙再利用プロジェクト
「トーコロプラス」の2016カレンダーのテーマと奇しくも同じものとなりました。
シンプルですがよく考えれらた飽きのこないデザインと日本の風土にしっくりする
伝統色は、世界に向けて再評価を得るのかもしれません。
なお、トーコロプラスカレンダー2016はまだ若干の在庫がございます。
すでに半年が過ぎてしまいましたが、江戸文様と日本の伝統色に親しむには
ちょうどよいテーブルカレンダーです。
お求めの際は直接弊社へご連絡ください。

※画像は「広報東京都 TOKYO NEWS」6月1日(水無月)第850号と
トーコロプラスカレンダー2016

20160610

20160613

6月の色

  • 2016年06月1日

6月の色は「緑青(ろくしょう)」です。

日本画の絵の具の一つです。銅が酸化してできた色です。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C62/M23/Y55/K0、
DICのカラーガイドではN850で表現できます。

6月の和柄は「花立涌(はなたてわく)」。

立涌文は雲気。蒸気が立ち上がる様子を表し、曲線の膨らんだところに花を
あしらったものが花立涌です。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「6月」より)

IMG_0265