10月の色

  • 2016年10月1日

10月の色は「桔梗色(ききょういろ)」です。

桔梗の花の色で、古くから秋の衣装に用いられた色です。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C57/M61/Y0/K0、
DICのカラーガイドではN907で表現できます。

10月の和柄は「矢鱈縞(やたらじま)」。

縞柄の中でも縞の太さや色合いが不規則になっているもので、
味わいのある模様のひとつです。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「10月」より)

img_0420

9月の色

  • 2016年09月1日

9月の色は「紺色(こんいろ)」です。

藍色系統では最も深いとされている色です。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C97/M100/Y38/K20、
DICのカラーガイドではN721で表現できます。

9月の和柄は「斧琴菊(よきこときく)」。

判じ物で有名な和柄のひとつで、「良き事を聞く」という吉祥の意味があります。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「9月」より)

IMG_0381

8月の色

  • 2016年08月1日

8月の色は「薄蘇芳(うすすおう)」です。

襲の色目(平安の女房装束)のひとつ、蘇芳色を薄めた色です。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C20/M67/Y43/K0、
DICのカラーガイドではN721で表現できます。

8月の和柄は「金魚文様(きんぎょもんよう)」。

夏らしい金魚をあしらった文様です。手ぬぐいや浴衣などにも
よく使われる模様です。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「8月」より)

IMG_0349

7月の色

  • 2016年07月1日

7月の色は「薄藤(うすふじ)」です。

薄い藤色で、江戸時代には女性の着物の色として人気でした。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C9/M15/Y0/K0、
DICのカラーガイドではN903で表現できます。

7月の和柄は「青海波(せいかいは)」。

海の大きな波模様を魚のウロコのように山形に連続させた模様で、
小紋の代表的な柄として有名です。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「7月」より)

7月

江戸紋様と日本の伝統色

  • 2016年06月14日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のエンブレム。
江戸文様のひとつ「市松模様」がベースとなったデザインで決定しましたね。
「組市松紋」と伝統色「藍」の組み合わせ。
これは、トーコロのエコ活動の一環として行っている在庫紙再利用プロジェクト
「トーコロプラス」の2016カレンダーのテーマと奇しくも同じものとなりました。
シンプルですがよく考えれらた飽きのこないデザインと日本の風土にしっくりする
伝統色は、世界に向けて再評価を得るのかもしれません。
なお、トーコロプラスカレンダー2016はまだ若干の在庫がございます。
すでに半年が過ぎてしまいましたが、江戸文様と日本の伝統色に親しむには
ちょうどよいテーブルカレンダーです。
お求めの際は直接弊社へご連絡ください。

※画像は「広報東京都 TOKYO NEWS」6月1日(水無月)第850号と
トーコロプラスカレンダー2016

20160610

20160613

6月の色

  • 2016年06月1日

6月の色は「緑青(ろくしょう)」です。

日本画の絵の具の一つです。銅が酸化してできた色です。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C62/M23/Y55/K0、
DICのカラーガイドではN850で表現できます。

6月の和柄は「花立涌(はなたてわく)」。

立涌文は雲気。蒸気が立ち上がる様子を表し、曲線の膨らんだところに花を
あしらったものが花立涌です。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「6月」より)

IMG_0265

5月の色

  • 2016年05月2日

5月の色は「濃紫(こむらさき)」です。

濃い紫色で高貴な色として古くから使用されています。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C60/M90/Y53/K0、
DICのカラーガイドではN941で表現できます。

5月の和柄は「菖蒲七宝(あやめしっぽう)」。

七宝は四つの輪を一つの輪に重ね合わせた文様です。端午の節句に
ちなみ、菖蒲をあしらっています。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「5月」より)

IMG_0229

4月の色

  • 2016年04月1日

4月の色は「幹色」です。
平安時代の配色、織物の色で、樹の幹の色から生まれました。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C17/M45/Y64/K0、
DICのカラーガイドではN767で表現できます。

4月の和柄は「市松花菱(いちまつはなびし)」。

古代より織模様として存在し、江戸時代の歌舞伎役者佐野川市松が
愛用したことからその名が付きました。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「4月」より)

IMG_0211

3月の色

  • 2016年03月1日

3月の色は「桜色」です。
ソメイヨシノなど日本産の桜弁の色のイメージ。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C0/M16/Y15/K0、
DICのカラーガイドではN704で表現できます。

3月の和柄は「鳥襷に桜(とりだすきにさくら)」。

尾長鳥が2羽ずつ相対し、輪違いに連なっている文様の
鳥襷は指貫や屏風の裏などに使われています。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「3月」より)

IMG_0198

2月の色

  • 2016年02月1日

2月の色は「若草色」です。
早春に芽を出して間もない草のイメージ。
カラー印刷の4色掛け合わせでは、C46/M6/Y90/K0、
DICのカラーガイドではN829で表現できます。

2月の和柄は「梅紙片(うめしへん)」。

江戸時代の歌舞伎役者のトレードマークである役者模様のひとつです。
(トーコロプラス 色を楽しむカレンダー「2月」より)

IMG_0181